• ホーム
  • アメリカの厚生労働省(FDA)も認めたゼニカルのダイエット効果

アメリカの厚生労働省(FDA)も認めたゼニカルのダイエット効果

運動している女性

ゼニカルは、摂取された脂肪分の体内吸収を妨げることができますが、既に体内に蓄積されている脂肪については減らすことができません。
また、脂肪分のみを阻害するものですので、その他食事に含まれる糖質やタンパク質などに対しては作用せず、そのためこれらはグリコーゲンとして体内に蓄積されます。
従って、ゼニカルは飽くまでも肥満の改善薬であり即効性はなく、余程脂肪分の多い食事をされる方を除いては食事全体の量や運動などでコントロールしない限りこれを飲んだからといって直ぐに痩せるものではありません。

そして、ゼニカルの副作用については、主に消化器系の障害があり、例えば便意やおならの頻度が多くなったり軟便などの症例報告があります。
また、脂肪分を体外へ排出する作用がありますので、これとともに吸収される脂溶性ビタミンA,D,E,Kが不足することが指摘されています。

このゼニカルの安全性に関しては、厳しい審査基準を持つアメリカのFDAが認可してるという点では担保されており、また摂取された薬は99%体外に排出されるため残留成分による副作用の心配は少なくともないとされています。
FDAとはアメリカ食品医薬品局と呼ばれる機関で、日本でいうところの厚生労働省にあたります。
これは食品や医薬品の他にもタバコや化粧品などの製品の認可や取り締まりを行うことが役割となります。
施設への査察権を確立したり添加物などの規制の実績も挙げていることから、世界中の食品や医薬品などの安全面に多大な影響を与えています。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索