• ホーム
  • 無理して痩せた場合のリスク

無理して痩せた場合のリスク

体重計に乗っている人

健康的な生活をおくるためには、自身の性別や身長に適した体重を維持する必要があります。
最近では、健康維持のためだけでなく美容の観点から痩せようとする人も少なくありません。
肥満による疾病リスクを避けるために、適度なダイエットを行い痩せることは健康増進につながりますが、無理なダイエットは肥満と同様に疾病リスクを増加させる原因となります。
ここでは、ダイエットによる無理して痩せた場合のリスクについて説明します。

最初に考えられる無理して痩せた場合のリスクとは、必要な栄養素の不足です。
現在主流となっているダイエットの一つに、特定の食べ物や栄養素だけを摂取したり、反対に排除したりする方法があります。
このようなダイエットは、短期的に体重を減らすことには成功しますが、長期的にみると摂取する栄養素に偏りが生じることで栄養失調や抵抗力の低下による病気にかかるリスクを増加させることになります。
さらに、無理なダイエットは食事や行動に強い制限をかけることで、大きなストレスを受けて精神的にも悪い影響を与えます。

このような無理して痩せた場合のリスクを避けるためにも、計画的に肉体的・精神的に負荷の少ないダイエットを行う必要があります。