• ホーム
  • 糖質オフダイエットのデメリットとその理由

糖質オフダイエットのデメリットとその理由

様々なダイエットが流行っては廃れていきますが、糖質オフダイエットも最近有名人などが行っているので注目している人もいるのではないでしょうか。
運動ではなくて食事制限だけなら簡単だろうと思って行う人も多いです。
糖質とはそもそもなんだろうと思っている人もいるかもしれませんが、分かりやすく言えば炭水化物です。
ご飯やパンを極力食べるのを控えていくのが糖質オフダイエットになります。
糖分の摂取が少なくなるわけですから、当然体重は減りやすくなっていきます。

けれども長く続けていこうとするとデメリットもあるのです。
その理由は、体のエネルギーや熱を作るのがこれらの糖質なので、あまりに食べる量が減ってしまうと体が冷えてきてしまうのです。
せっかく糖質オフダイエットを頑張っているのに熱量が減っている事で運動をしたり食事を考え直してもある程度の所まで減ったら効果があまりでなくなったりすることもあります。
体が冷えてしまって、食べたものを余計に脂肪に変えてしまったりすることもありますから、最近はデメリットを減らす為にも程よく糖質も取り入れてダイエットを行う事を推奨している所もあります。
女性の場合は体が冷えてしまって生理周期が遅れてしまう理由にもなってしまうので要注意です。
体重を減らそうとして体の調子が悪くなってしまっては、デメリットばかりを享受する事になってしまいます。

糖質を食べる事の理由を良く考えて、ダイエット時には甘いパンやお菓子などでカロリーを補給するのではなく、ご飯を適度に食べたりするなどしてエネルギーも作りながらダイエットをしていきましょう。
バランスよく緩めの糖質オフダイエットであれば、体に負担をかけすぎる事もないので行いやすくなります。