News
    ジョギングする肥満女性たち

    オーリスタット(Orlistat)はオルリスタットとも呼ばれ、肥満改善薬の主成分として使用されています。
    これにはリパーゼの働きを抑制して脂肪吸収を阻害する働きがあり、この成分を使用した代表的な肥満改善薬はゼニカルが挙げられます。
    このオーリスタットを使用した肥満改善薬は、食欲を抑制するなどの他の肥満改善薬とは異なり、唯一中枢神経系に作用しないものです。

    そして、ゼニカルに関しては、1998年にスイスの大手医薬品メーカーのロッシュ社により開発され、現在では欧米を中心として世界主要17か国で販売されており、その利用者は世界で約4000万人に上ります。
    またアメリカではFDA(米国食品医薬品局)の認可を得ており、処方箋がなくても購入でき簡単に経口服用できる肥満改善薬であることから、痩せることを目的として使用されている方も多くなっています。

    日本に於いては、厚生労働省の承認を得ておらず国内での販売は行われていません。

    ゼニカルの効能については、まず主成分をオーリスタット120mgを含有していることから、肝臓より分泌される脂肪分解酵素のリパーゼを抑制します。
    これにより摂取された脂肪分の分解を妨げ、分子の大きな脂肪分は小腸で吸収されることなく便とともに体外へと排出します。
    その抑制効果は摂取した脂肪分の30%を体外へ排出できるとされています。
    そして、オーリスタットの他にマイクロクリスタルライン・セルロースなども含まれており、便秘改善の効能もあります。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索